TOPICSトピックス

コスメディカルズパウダーの使い方◆◆体の日焼け予防

日焼けの影響 で ?

 

体の日焼け予防は肌全体に大切

フリー! UVクリーム・厚塗り・ベタ感・つけ直し!

INDEX

日焼け防止  “365日”
お出掛け 日焼け防止
夏の日焼け & アセモケアも同時ケア
ハード日焼け & アセモケアも同時ケア

 

ジュベリア粧品開発

日焼け防止“365日”

日焼けの蓄積= 日避 =365日の日焼け予防

“365日” 日焼けケアは夜のお手当から<“朝からうっかり焼けも解消中”>

お休み前の 夜 お手当は夜からスタート!

①入浴後、

ナイトローションを付けてまだ、しっとり感が残っている間に

コスメディカルズパウダー(以後・コスメP)を

舞妓さんみたいに真っ白に!

③そのままお休みください

一晩明けて 朝

前の晩にしっかりコスメPを使えば朝のお手当は基本的に不要

(※ 忙しい朝の“体のうっかり焼け”を防ぎます)

寝ている間にコスメPは大半が落ちて朝は薄っすら! 白浮き無し

 

重 要

≪通勤・通学・買い物・日常生活の日焼け予防“365日”≫

・・・夜のしっかりつけで十分! アノインテームは不要

見落としがちな日常のうっかり日焼け、その蓄積で肌が!?

うっかりでも日焼けは日焼け、“365日”夜のお風呂上りから

 

お出かけ 日焼け防止 ☆首~デコルテ☆

①朝、残っているコスメPは洗い落とさないでそのまま!

②朝のお顔のお手当で

手に残るローション類~アノインテームを、首~デコルテへ広げる

③コスメPを白浮きしない程度に薄めに使います

 

重 要

アノインテームの特性を知って活かして

・アノインテームは乳化剤未使用な為 水に強く水で汗を流す程度なら、日焼け予防効果が落ちません

・ 油分やクリーム・乳液類の油分(アノインテームも含む)は、

使用量が多いと 肌が保温されてしまいます!

アノインテームは少量の使用が大切です

 

夏の日焼けケア

~炎天下の 公園・お迎え・散歩・ジョギング・自転車・バイクに乗られる方~

さっぱり主義・ウォータープルーフ 汗にも水にもTwo way日焼け予防

①朝、残っているコスメPは洗い落とさないでそのまま!

②朝のお顔のお手当で 手に残るローション類~アノインテームを、首~デコルテへ広げる

③朝 日焼けを防ぎたい場所に、 首・デコルテ・腕・手の甲・足に、体の為にディローションを足します

④薄くコスメPをつける

アノインテームは不要!

ディローションの水分が少し残っている内にコスメPを

重 要

・・・日焼け防止の方法が大切! 乳化剤を使用しない化粧品作りのジュベリア!

汗も洗い流しOK! ベタベタ感開放・塗り直し不要・・・

ウォータープルーフなので・・・水に浸かっても大丈夫!

さっぱり主義 紫外線吸収剤未使用で、有効時間の制限なし!

ラ・ボーソマイロンで落とすまで効果が持続

 

ハード日焼けケア

~スポーツや観戦・ハイキング・海へ山へ・“プール・テニス・ゴルフ”~

①朝、残っているコスメPは洗い落とさないでそのまま!

②朝 日焼けを防ぎたい場所に、ディローションをしっかり使って素早くローションが濡れている間に出来るだけ薄くアノインテームを広げていきます

③コスメPは薄目につけましょう

≪日焼け予防のコスメPがアセモお手当≫

ローション類・アノインテーム・コスメPは、擦り取らない限り、汗や水では落ちません

≪大汗をかいた後のケア≫

(ア)  流水で汗を流してしまう

(イ)  水分たっぷりに濡らしたタオルで汗を静かに抑える

(ウ) 水もタオルも無かったら、ディローションを使います

後は、コスメPは薄目に使うだけで十分!朝と同じに“さっぱりお肌”に戻ります

 

汗は体温を下げる為の生理機能吹き出した汗を直ぐ拭くと、汗は止りません

ドンドン流れ出ます しばらく出る汗のまま少し待つと、汗で体温が下がって汗が止まります

コスメPでアセモケア

≪肌の自然治癒力に任せる事が一番大切≫

 

コスメディカルズパウダーって? はこちら